バーデンスクレンジング(肌に負担をかけずに落とす)

今回はクレンジングの使い方についてです。

 

ゆい・ま~るの液晶クレンジングは、肌に負担をかけない洗浄剤としてとっても優れていますよね。

こちらもシャンプーと同じくゆい・ま~るのロングセラーなのでご存知の方も多いと思います。

 

私も、何を置いてもシャンプーとクレンジングはゆい・ま~るのを信用して使い続けています。

 

 

この液晶クレンジングは使用する際の注意として「使う量を4プッシュ!」と記憶されてる方も多いのではないでしょうか。

 

「これだけの量を必ず守ってください!」ということ私自身ずっと言われてきました。

 

それは、肌の皮膚は身体と少し構造が違うから、「とにかくコスルということをしないように!」という理由からと記憶しています。

 

それだけ顔の皮膚を触るときはこすらない、負担をかけないことが重要ということですね。

 

私自身、以前書きましたが、3年で大分皮膚が薄くなってしまったので、こすらない事がいかに重要か身に染みています。

 

しかし、この前改めてコスメの巨匠にクレンジングの使い方をうかがったときに「量もすくなすぎるとまずいけど、

この液晶クレンジングは、水で乳化してから使うとサラっとした使い心地になって肌もこすらないで汚れを落とせるよ」との事でした。

 

塗布した後、少し水で乳化させて落とすのは知っていましたが、先に水を入れるのは知りませんでした。

初めて聞く使い方でした。

 

その方曰く、量は自分の顔に合わせた量(それでも最低3プッシュは使った方がいいと思いますが)でもいいのでは、とのことです。

 

この液晶クレンジングはほぼ肌に刺激がないように研究を重ねて作られていますが、

それでもなるべく肌に長い時間は、のせていないで落とした方がいいに越したことはないそうです。

 

美容関係の仕事から離れていた3年の間にクレンジングの量も、「多めで、なるべくこすらないように!」というのは頭に残っていましたが、

日々使っていく内、予算の事が頭に過ぎり、使っていく量も減っていったりしていました。

 

今回、量も大事だけど水を混ぜると使いやすいというのを伺ってとても助かりました。

 

たまにレクチャーを受けないと、量も減らしたくなりますが、使い方もおざなりになっていく気がします。

 

前回のプロテクターのブログでもお伝えしましたが、一つ一つのアイテムの使い方を丁寧にすることで、

お肌のトラブルの解決につながるように思います。

 

商品が優れていても、使い方一つでずいぶん違ってくるのを、正に肌で感じる今日この頃。

 

次回は、肌にとって、とても重要なローションの付け方をご紹介しようと思います。

(お肌には水分補給がとても大切ですね~)

 

このローションの付け方、量で私の肌はかなり潤いを取り戻したように思いますよ!

 

次回もお楽しみに~。

 

ケイトダマ

free-illust337

オーナー紹介

宮城 良太
 宮城 良太(みやぎ りょうた)
「ゆい・ま~る」は沖縄の方言で、助け合い、お互いさま、家族のようなお付き合いという意味をもち、地域の方やお客様とも家族のようなお付き合いをしていきたいという想いでつけました。
"ゆい"は【結】という意味をもち、人と人、人と情報をつなげる場所になりたいという想いを込めています。

気軽に立ち寄れる場所、人が集まりたくなる場所、肩の力が抜ける場所でありたいと思います。

サロン紹介

内観
〒102-0071
東京都千代田区富士見1-3-10
天野ビル2F
TEL:03-6380-9454
FAX:03-6380-9344

受付時間
平日:12時~20時
土・日・祝日:12時~17時

施術・カウンセリング
9時~22時の間(要予約)
定休日:水曜日
ご希望に応じて営業時間外もできるだけ対応いたします。お気軽にご相談ください。

JR飯田橋駅西口より徒歩3分
地下鉄九段下駅3番出口より徒歩7分